« 「株主優待を義援金に」 三菱UFJ信託、企業に提案 | トップページ | スイス政府:大き過ぎる銀行への資本規制強化、経済全体に恩恵-報告 »

2011/05/03

三菱UFJ、震災孤児支援の基金創設

【読売 4/29】三菱東京UFJ銀行は、東日本大震災で両親が死亡または行方不明になった震災孤児を支援する最大10億円規模の育英基金を作った。

同行と役職員らが資金を拠出し、日本ユネスコ協会連盟と共同で奨学金の支給を行う。 基金は近く、グループの三菱UFJ信託銀行が管理、運用する「公益信託」に移し、金融機関の機能を生かしながら長期的に学資に役立てもらう狙いだ。

奨学金の支給は今年9月末までに始め、開始時に10万円、その後、毎月2万円を支給する。

返還義務はなく、最長で小学校入学から高校卒業まで12年間受け取ることができる。

☆カテゴリー「持続可能な社会と金融(Finance/Money) 」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me !!Blog_ranking_2

|

« 「株主優待を義援金に」 三菱UFJ信託、企業に提案 | トップページ | スイス政府:大き過ぎる銀行への資本規制強化、経済全体に恩恵-報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/51571160

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱UFJ、震災孤児支援の基金創設:

« 「株主優待を義援金に」 三菱UFJ信託、企業に提案 | トップページ | スイス政府:大き過ぎる銀行への資本規制強化、経済全体に恩恵-報告 »