« 日本語の起源は朝鮮半島にあり?方言の共通祖先を発見、東大 | トップページ | 中国初、太陽エネルギー集電管が上海でお目見え »

2011/05/08

錠剤型ぜんそく治療薬に吸入器同様の効果、英研究

【5月7日 AFP】ぜんそく治療では錠剤よりも吸入器を使う方が一般的だが、錠剤は吸入器同様の効果がある上、吸入器より扱いやすいとする論文が、4日の米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル(New England Journal of Medicine)」に発表された。

英国では、ぜんそく治療の優先度で錠剤は通常3位か4位くらいで、吸入器に比べて処方される頻度がかなり少ない。 

英イーストアングリア大(University of East Anglia)の研究チームは、慢性ぜんそく患者650人について2年間追跡調査した結果、ロイコトリエン受容体拮抗薬(LTRA)は吸入器と同程度の効果があることを見出した。「シングレア(Singulair)」や「アコレート(Accolate)」がこの仲間に入る。

調査によると、1日1回服用のLTRAを渡された患者は、使い方にコツがいる吸引器を使う場合と比べ、医師の指示に従って治療を継続する確率が最大60%高かったという。

研究者は、「患者は吸入器を適切に使うことに心を砕く必要はない。今回の結果により、治療の選択肢が広がることを期待している」と話している。

☆カテゴリー「医学・医療・健康・病気」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 日本語の起源は朝鮮半島にあり?方言の共通祖先を発見、東大 | トップページ | 中国初、太陽エネルギー集電管が上海でお目見え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/51609266

この記事へのトラックバック一覧です: 錠剤型ぜんそく治療薬に吸入器同様の効果、英研究:

« 日本語の起源は朝鮮半島にあり?方言の共通祖先を発見、東大 | トップページ | 中国初、太陽エネルギー集電管が上海でお目見え »