« 米国が警報メールシステムを発表、大統領からのメールが携帯に | トップページ | 最古のほ乳類は嗅覚が発達していた、米研究 »

2011/05/19

子育てや教育にお金がかかりすぎる日本、如実に

【読売 5/19】内閣府は19日、「少子化社会に関する国際意識調査」の結果を発表した。

それによると、日本では子育て費用や働く環境などへの不安から、すでに子どもを持つ人が2人目以降の子どもを持つことをためらう傾向が強いことがわかった。

調査は昨年10~12月、日本、米国、韓国、フランス、スウェーデンの5か国で、20~49歳までの男女計1000人ずつを対象に実施された。

今よりも子どもを増やさないと答えた人の割合は、日本は47・5%で、スウェーデン(7・4%)、米国(13・5%)などを大きく上回った。

理由は男女とも「子育てや教育にお金がかかりすぎる」が最多で、男性の44・6%、女性の39・5%に達し、「自分や配偶者が高齢」「働きながら子育てできる職場環境がない」などが続いた。

☆「少子化社会に関する国際意識調査」の概要

☆カテゴリー「医学・医療・健康・病気」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 米国が警報メールシステムを発表、大統領からのメールが携帯に | トップページ | 最古のほ乳類は嗅覚が発達していた、米研究 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/51716804

この記事へのトラックバック一覧です: 子育てや教育にお金がかかりすぎる日本、如実に:

« 米国が警報メールシステムを発表、大統領からのメールが携帯に | トップページ | 最古のほ乳類は嗅覚が発達していた、米研究 »