« 下半身不随の男性、電極移植術で立てるように 米研究 | トップページ | 1世紀以内に海面が最大1メートル上昇、豪研究 »

2011/05/25

直下型地震リスクにもっと注目を、英専門家が警鐘

【5月23日 AFP】 地震リスクをめぐる研究がプレート境界型地震に偏っているとして、内陸部で発生する直下型地震に関する研究をもっと行うべきだと、英国の科学者2人が22日の英科学誌「ネイチャージオサイエンス(Nature Geoscience)」で呼びかけた。

英オックスフォード大学(University of Oxford)のフィリップ・イングランド(Philip England)教授と、英ケンブリッジ大学(University of Cambridge)のジェームズ・ジャクソン(James Jackson)教授は、3月11日に発生したプレート境界型の東北地方太平洋沖地震において、被災規模に対して死亡率が被災者全体の0.4%と「驚くほど低かった」うえ、死者の多くは津波によるもので地震そのものが原因ではなかった点を指摘。理由として、日頃の防災訓練の成果や、耐震性の高い建物を挙げ、プレート境界型地震について研究が比較的進んでいることを示した。

その一方で、プレート境界型地震よりも大きな地震リスクが内陸直下型地震には潜んでいると主張し、「内陸直下型地震による死亡率はしばしば5%を超え、最悪の場合は30%にも上る」と警鐘を鳴らしている。

■研究の遅れが死者の増加に

両教授によると、過去120年間に世界各地で起きた地震のうち、死者が1000人を超えた地震はおよそ130件に上るが、内陸直下型地震が約100件を占めているという。死者数でも、プレート境界型地震による累計犠牲者数は80万人で、その半数は津波が原因なのに対し、内陸直下型地震による死者は140万人だったという。

内陸直下型地震の例としては、2003年にイランのバム(Bam)で発生した3万人が犠牲となった地震がある。また、05年にはパキスタンのムザファラバード(Muzzafarabad)で犠牲者7万5000人を出す地震が発生。08年の中国南西部を襲った四川大地震では7万人が死亡した。

両教授は、内陸直下型地震で犠牲者が多くなる主な原因として、地震帯の分布解析が遅れていることを挙げている。内陸部の活断層は非常に複雑なことが多く、運動速度も遅いため、地震が発生するまでに数百年、数千年かけてひずみを溜め込むこともある。

両教授は、プレート境界断層と同レベルの研究が内陸断層についても行われるべきだと提唱。「毎年数百万人が(地震に対して)ぜい弱な地域にある大都市に移住している昨今、内陸直下型地震の脅威はますます高まっている。これらの大都市の多くは、かつて人口が今よりもずっと少なかったころに、少なくとも一度は地震で被災しているのだ」と述べ、まずは、イタリアからギリシャ、トルコ、中東を通りイラン、中央アジアを経て中国まで1000万平方キロメートルにわたって続くアルプス・ヒマラヤ造山帯について調査を行おうと呼びかけている。(c)AFP

【関連記事】大都市は災害に耐えられるか? 巨大地震と津波が鳴らす警鐘

☆千葉県液状化危険度予測図(平成19年度地震被害想定調査)

☆埼玉県液状化の予測(6-13p)

☆神奈川県・南関東地震の液状化想定図

☆東京都液状化予測図

☆海面上昇シミュレーション Flood Maps あなたの街は何mの海面上昇で水没?

☆カテゴリー「地震・災害・防災・安全」はこちら

☆東京マグニチュード8.0(フィルムコミック)

☆東京マグニチュード8.0 第5巻 [DVD]

☆洪水で東京が水没するリスク

☆荒川の堤防もし決壊したら、最大240万人浸水被害

☆洪水氾濫シミュレーション

☆温暖化と軟弱な低地に住むリスク

☆地下浸水の危険に備えよ!

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 下半身不随の男性、電極移植術で立てるように 米研究 | トップページ | 1世紀以内に海面が最大1メートル上昇、豪研究 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/51762015

この記事へのトラックバック一覧です: 直下型地震リスクにもっと注目を、英専門家が警鐘:

« 下半身不随の男性、電極移植術で立てるように 米研究 | トップページ | 1世紀以内に海面が最大1メートル上昇、豪研究 »